ドッグフードはダメ

よくワンちゃんの猫ちゃんの両方を飼っている人もいます。意外とドッグフードを猫に与えて大失敗をした例も多いとのこと。実はワンちゃんは雑食動物、猫ちゃんは肉食動物で食事内容もまったく違うのです。わたしたち飼う側にとってはある意味同じ立ち位置のペットであり、かわいい家族です。しかしワンちゃんと猫ちゃんはまったく違う動物なのだということを、しっかり意識しておきましょう。

猫ちゃんはワンちゃんよりタンパク質が重要です。もちろんワンちゃんもタンパク質は重要ですが、炭水化物などもある程度必要です。しかし猫ちゃんの場合炭水化物はほんの少ししか必要ありません。そしてとても大きな違いとして、猫ちゃんはβ-カロチンをビタミンAに転換することができないのです。そのため野菜からビタミンAに変わるβ-カロチンを摂取しても、ビタミンA不足になります。またメチオニンから作られるタウリンも猫ちゃんは体内で作ることが出来ません。

しかし、これらはドッグフードにはほとんど配合されていません。ここで猫ちゃんの健康に大きな被害が出てしまうのです。もちろん一緒に生活していれば、ワンちゃんが猫ちゃんの、また猫ちゃんがワンちゃんのフードを食べてしまうこともあります。それは特に毒だということはありません。しかし食事として長期間与えることで、猫ちゃんにはとても大きなトラブルのリスクが高くなるのです。

肉より魚

キャットフードを選択するときに、高タンパク質のものを選ぶようにと言われています。しかしどうしてそんなに、高タンパクにこだわるのでしょう。まず猫は肉食動物であるということが第一の理由となります。例えば同じように考えている人も多いようですが、実は犬は雑食なのです。それに比べて猫は完全に肉食。よく童話などでも猫はネズミを食べると描写されていますが、そのとおり猫は肉食なのです。

日本人がよく言う「ねこまんま」というのは、猫の食事のようなご飯のことをいいますが、ご飯に活節が乗ったものを言います。つまり猫はご飯とかつぶしが大好きなんて思っている人も多いかも知れません。しかし実は猫は肉食なので「ねこまんま」を食べていると炭水化物の摂り過ぎでタンパク質不足になってしまうでしょう。

また猫は台所の魚を盗むなんてことも言われますが、実は猫は魚より肉が好きとのこと。猫は煮干しなどの小魚が大好きというイメージが日本では根強くありますが、お肉が大好きだったのです。魚ばかり食べていると不飽和脂肪酸がたまってしまい内臓が弱ってしまうのです。人間のように不飽和脂肪酸が体に良いというのは通用しないということです。また生の魚は寄生虫の危険もあるので、魚は少なめに肉を多めにしたいと言えます。そのため肉成分の多い高タンパクのキャットフードがおすすめです。