肉より魚

キャットフードを選択するときに、高タンパク質のものを選ぶようにと言われています。しかしどうしてそんなに、高タンパクにこだわるのでしょう。まず猫は肉食動物であるということが第一の理由となります。例えば同じように考えている人も多いようですが、実は犬は雑食なのです。それに比べて猫は完全に肉食。よく童話などでも猫はネズミを食べると描写されていますが、そのとおり猫は肉食なのです。

日本人がよく言う「ねこまんま」というのは、猫の食事のようなご飯のことをいいますが、ご飯に活節が乗ったものを言います。つまり猫はご飯とかつぶしが大好きなんて思っている人も多いかも知れません。しかし実は猫は肉食なので「ねこまんま」を食べていると炭水化物の摂り過ぎでタンパク質不足になってしまうでしょう。

また猫は台所の魚を盗むなんてことも言われますが、実は猫は魚より肉が好きとのこと。猫は煮干しなどの小魚が大好きというイメージが日本では根強くありますが、お肉が大好きだったのです。魚ばかり食べていると不飽和脂肪酸がたまってしまい内臓が弱ってしまうのです。人間のように不飽和脂肪酸が体に良いというのは通用しないということです。また生の魚は寄生虫の危険もあるので、魚は少なめに肉を多めにしたいと言えます。そのため肉成分の多い高タンパクのキャットフードがおすすめです。