ドッグフードはダメ

よくワンちゃんの猫ちゃんの両方を飼っている人もいます。意外とドッグフードを猫に与えて大失敗をした例も多いとのこと。実はワンちゃんは雑食動物、猫ちゃんは肉食動物で食事内容もまったく違うのです。わたしたち飼う側にとってはある意味同じ立ち位置のペットであり、かわいい家族です。しかしワンちゃんと猫ちゃんはまったく違う動物なのだということを、しっかり意識しておきましょう。

猫ちゃんはワンちゃんよりタンパク質が重要です。もちろんワンちゃんもタンパク質は重要ですが、炭水化物などもある程度必要です。しかし猫ちゃんの場合炭水化物はほんの少ししか必要ありません。そしてとても大きな違いとして、猫ちゃんはβ-カロチンをビタミンAに転換することができないのです。そのため野菜からビタミンAに変わるβ-カロチンを摂取しても、ビタミンA不足になります。またメチオニンから作られるタウリンも猫ちゃんは体内で作ることが出来ません。

しかし、これらはドッグフードにはほとんど配合されていません。ここで猫ちゃんの健康に大きな被害が出てしまうのです。もちろん一緒に生活していれば、ワンちゃんが猫ちゃんの、また猫ちゃんがワンちゃんのフードを食べてしまうこともあります。それは特に毒だということはありません。しかし食事として長期間与えることで、猫ちゃんにはとても大きなトラブルのリスクが高くなるのです。